忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



スポンサードリンク



PR

2017/11/25

『オカルト』『カルト』

ニコニコ百物語にて
http://ch.nicovideo.jp/nhorror


白石晃士監督ウィークと称し白石監督作品が連日上映され、『オカルト』『カルト』を観ました。
白石監督と言えばやはり『ノロイ』ですよね。
「言い方!!!!」のおばさんが今でも忘れられませんw

今回観た2作品も監督らしいモキュメンタリー作品となっています。


拍手[0回]







『オカルト』



【ストーリー】
旅行に来ていた女性(東美伽)は偶然観光地で通り魔殺人事件に遭遇し、そのすべてを撮影する。
女性二人が死亡、男性一人が重傷を負い、犯人は海へと投身自殺するという衝撃的な事件の映像を入手した白石晃士監督(白石晃士)は、何かに突き動かされるように取材を始める。
やがて彼は事件の唯一の生存者である江野(宇野祥平)と出会い……。
(ニコニコより)


とんでも展開なのに夢中になって観てしまう魅力のある作品。
見るからに万人受けしない内容でありながら、ツボにハマると癖になる面白さ。
主演の宇野祥平の演技が神掛かっていて作品の面白さの根底を支えています。
ホラー要素よりも彼の演じる江野くんの現実がリアルすぎて怖いw
白石監督自身が物語の中心キャラクターとして出てくるのも勿論ですが、実在にいる人物が本人のまま登場することで「これ実話かも」なんて思う・・・・・・わけがない。
黒澤清監督が登場した時はビックリしてお茶吹きました`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
ラストのオチも実に秀逸です。






『カルト』
http://wfield.co.jp/nexthorror/cult.html



【ストーリー】
人気タレントのあびる優、岩佐真悠子、入来茉里の三人は、ある母娘の除霊番組のレポーターを務めることになる。
だがそこには想像を超える恐ろしい霊が巣食っていた。
除霊に訪れた霊能者たちは次々と倒れるが、娘の美保に憑いた霊は取り除くことができない。
遂に最強の霊能者NEOがこの除霊に臨む!
一体この家を恨む真の呪詛者は誰なのか?霊との戦いでNEOは勝利することができるのか?

こちらは『オカルト』に比べてモキュメンタリーな感じが薄い気がします。
芸能人などが密着取材をするという設定の映画は結構あるからかもしれません。見慣れてしまったというか・・・。
それでも途中まではリアル感を積み上げながら物語が進んでいきます。
この作品が面白くなるのはそういったリアル感を積み上げた後、そう、NEO様が登場してからなのです!!!!!!
NEO様が兎に角そういう世界観を潰して潰して潰しまくっていきます。
だからといってNEO様の存在が(。A。)⌒Y⌒ ヾ( ´_ゝ`) イラネってなるわけではなく、むしろもっとNEO様の活躍を観たくなっていきます。
彼の強烈なキャラクターはこの映画最大の魅力。

”俺たちの戦いはこれからだ!”の台詞そのままなラスト。
完全に連載打ち切り最終回を思わせる展開に『カルト』の続編を所望せずにはいられませんw






スポンサードリンク



2014/08/23 映画 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

プロフィール
 
HN:
廃人アラタ
自己紹介:
ヘタレな下手の横好きゲーマー。
主に龍が如く・MGS・FF・戦国BASARA・静岡・アトラスゲームetc.が好きです。
映画はホラー、特にゾンビ好き。
レオナルド・ディカプリオの往年のファン(だと思っている)

チャンネル:
◆twitch:

 
 
カレンダー
 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
 
カテゴリー
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新記事
 
(01/23)
(10/08)
(08/15)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
RSS
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセスランキング
 
 
 
バーコード
 
 
 
スポンサードリンク