忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



スポンサードリンク



PR

2017/11/25

【龍が如く 極】ストーリークリア!

先日、『龍が如く 極』のストーリーをクリアしました(∩´∀`)∩



Fallout4をお休みして進めていたので自分にしては割と早めなクリアだったなとw。
さらに達成目録の主にミニゲーム部分をPAに回したのも時間短縮になったのだと思います。







拍手[0回]







前述通り、達成目録は全部埋まっていません。
ミニゲームと武器・防具・アクセサリー関連が残っています。
お金が圧倒的に足りない:(;゙゚'ω゚')
ミニゲームはイカサマアイテムもありますし楽になってるようなので、毎回鬼門になっているビリヤードさえ乗り越えられればって感じですね。
遥のおねだりをしながら埋めていっています。

今回もプレイログまでコンプする気満々です(`・ω・´)



ちなみに亜門はクリア前に撃破しました!

下手な自分でも倒せた攻略ポイントをメモ書きしておきます。



2ラウンド制

前半は虎落としゲーで、張り手尽くしの極があれば更に楽に倒せます。

後半の戦闘スタイルは真島の狂犬スタイルになり油断しているとあっという間にゲージを削られてしまいます
なので身代り石を心の御守り代わりに。
スタイルは前半と同じく“堂島の龍”がおススメ。
虎落としも使えますがリスクは高め。ゲージが兎に角多いので、こちらの被ダメをなるべく抑える戦法を取るのが良いと思います。
張り手尽くしの極や武器ヒートなんかがそれですね。粘り勝ちというやつですw
ただ、亜門はダウン後にブレイクダンスで起き上がり攻撃をしてくるので要注意。
ダメージ自体は少ないものの、そこからなし崩し的に攻撃を受けてしまわないよう注意が必要になってきます。
ヒートアクション後にスウェイで逃げるが吉。


こんな感じでチマチマ亜門を倒しました(・ω・)ノ


そういえば、龍0で真島と戦ったのが亜門丈だったから今作は真島のスタイルになっていたんですね。(今更感)
というか亜門ってこんなテンションのキャラだった・・・か?



さて、次はストーリー部分の感想になります。


初代はプレイ済なのでストーリーは全部知っているはずなのに、極クオリティで新鮮な感動を得ることができました。
龍0の内容が加味されていたこともありますし、龍0をプレイしたからこその部分も大きかったと思います。
特に世良と嶋野のキャラクターや関係性は龍0の恩恵を大きく受けてたのではないでしょうか。
初代の世良会長は髪も存在感も薄い存在だったので(ノ∀`)


髪も存在感も増大!!!!!


嶋野はあの武闘派なザ・極道の感じが好きなキャラクターだったのですが、前作でそれだけでない頭のキレる人物だということがより強調されました。
風間と双璧を成す“宿敵”といったキャラクター性に説得力が増したと思います。


嶋野といえば“嶋野の狂犬”真島吾朗の存在を無くしては語れませんね(゚∀゚)
今作の新要素『どこでも真島』は前作での“カツアゲ君”の位置づけです。
神室町のあらゆるところで真島の兄さんが現れると言う画期的(?)なシステムで、バトルだけでなくミニゲームも一緒に遊べたのも嬉しい。
ポケサーやメスキングにハマる真島の兄さんキャワワ( *´艸`)
そんな中でも幻の女・ゴロ美みんなのアイドル吾朗がお気に入りです。
ただ、ストーリー上の矛盾?っぽくなってしまってるところが気になりました。
いくら不死身な真島といえね・・・(困惑)
そこは強制的にいなくなるようにすれば良かったのでは、と思う場面が少々ありました。
とはいえ、真島の台詞の端々で冴島や龍0時代のことに触れているのは良かったですね。
ギャグなのに切ない気持ちにさせる・・・なんてテクニシャンなんだ!


個人的に桐生が嶋野と決着をつけた後の真島の心情がずっと気になっていたので、そこを知れたのが一番の収穫でした。




そして、忘れてはいけないのが錦山!!!!!!!

今回のもう一人の主人公と言っても過言ではありません。
悪堕ちしていく過程が章の幕間に挟まれていて、ただただ辛かった(ノД`)・゜・。
ラストバトルでのフラッシュバックはもう反則です・・・あんなの泣くしかないじゃないですか。
また龍0をプレイしたくなりました。



・・・・・・・しかし時間がない。・゚・(*ノД`*)・゚・。 



ゲームとしては龍0からの流用が多くて、そこを不満に感じるかもしれません。
自分としては“今の龍が如く”で初代を遊んでみたい、という気持ちが大きかったので使い回し感のようなものは殆ど抱きませんでした。
寧ろあの鬼畜操作性からよくぞここまで進化したなと感心ばかりしていましたw


念願のリメイク版龍が如くをプレイすることができて本当に嬉しかったです。
何年経っても色褪せないストーリーを未プレイでもプレイ済でも是非色々な方に触れて欲しいと改めて思いました。






スポンサードリンク



2016/02/11 龍が如く Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

プロフィール
 
HN:
廃人アラタ
自己紹介:
ヘタレな下手の横好きゲーマー。
主に龍が如く・MGS・FF・戦国BASARA・静岡・アトラスゲームetc.が好きです。
映画はホラー、特にゾンビ好き。
レオナルド・ディカプリオの往年のファン(だと思っている)

チャンネル:
◆twitch:

 
 
カレンダー
 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
 
カテゴリー
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新記事
 
(01/23)
(10/08)
(08/15)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
RSS
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセスランキング
 
 
 
バーコード
 
 
 
スポンサードリンク