忍者ブログ

『貞子3D(2Dバージョン)』

ニコニコ百物語より
http://ch.nicovideo.jp/nhorror


超絶糞映画と名高い『貞子3D』を観ました。
和製ホラーブームの火付け役となった『リング』シリーズの最新作とあれば興味を持つ人は多かったと思います。
でも実際はたちの悪い釣り的な映画でした。








『貞子3D』
http://www.sadako3d.jp/1/index.html



【ストーリー】
多発する不審死。事件の背後にある、“呪いの動画”とは―?
鮎川茜が教師を務める女子高で、ある動画が噂となる。
それは最初、ニコニコ動画で生放送され、その生放送を見ていた者は全て同じ時刻に死亡し、サイトの管理人も同じく死亡。
放送後に削除されたはずの動画は今もなおゲリラ的にウェブ上にアップロードされている。
そんな中、飛び交う噂に熱中し動画探しに夢中になっていた茜の教え子が、突然謎の死を遂げる。
本格的に捜査を開始した警察は一連の不審死を一様に自殺と断定するも、ベテラン刑事の小磯は、死の影に“呪いの動画”が存在することを突き止める。
そして捜査線上に、最初に生放送を行った柏田清司という人物が浮かび上がる。
茜と、茜の恋人の安藤孝則は、同僚・榎木から“呪いの動画”の詳細を聞かされる。
動画自体が生きていて、誰かを探しているのだ。
そして、「お前じゃない・・・」という言葉が聞こえると、死を迎えるのだという。
孝則は茜と同様に半信半疑だったが、呪いの魔の手は、茜と孝則に迫りつつあった・・・。 
(ニコニコより)



貞子の名前だけを借りただけの全くの別物です。
3Dで見せたいという目的ありきの演出の数々。
要であるはずの貞子はキャラクター設定を完全無視。
終盤はクリーチャー化した貞子(厳密には貞子ではないが)をヒロインが無双していくだけ。
ツッコむ気力も無くなるし、B級特有の笑い飛ばしてしまうほどのところもない。
挙げるとキリがないくらい酷さが目立った映画でした。

鑑賞後にこの監督がどのような作品を撮っているの調べてみました。



『ハンサム☆スーツ』『高校デビュー』『こち亀』



・・・あっ(察し)



目に見えた地雷だったようですw
しかも脚本まで参加しているというからトンデモナイ。
ま、まあ、SF原作でホラーを作れと言われて苦労したんだなぁと思えば・・・(´ε`;)ウーン…


この映画が世に出てしまったことで、築き上げてきた『リング』シリーズのブランド力を壊してしまったんではないでしょうか。
これまでも原作に忠実な映画ではありませんでしたが、それでもここまで酷いものではありませんでしたし個人的にはどれも楽しめていました。
これは”貞子”という記号を悪用した粗悪品です。


一番のホラーはこの映画をお金を出して観てしまったお客さんが沢山いるという事実でしょうね。
あと続編があるということも同じくらいホラー((((;゚Д゚))))


拍手[0回]



スポンサードリンク



PR

2014/09/14 映画 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

プロフィール
 
HN:
廃人アラタ
自己紹介:
ヘタレな下手の横好きゲーマー。
主に龍が如く・MGS・FF・戦国BASARA・静岡・アトラスゲームetc.が好きです。
映画はホラー、特にゾンビ好き。
レオナルド・ディカプリオの往年のファン(だと思っている)

チャンネル:
◆twitch:

 
 
カレンダー
 
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 
 
カテゴリー
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新記事
 
(11/11)
(10/30)
(10/24)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
RSS
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセスランキング
 
 
 
バーコード
 
 
 
スポンサードリンク